課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > コストをかけずに後付電力監視システムを実現!

No.54 コストをかけずに後付電力監視システムを実現!

コストをかけずに後付電力監視システムを実現!

マルチメータと「エネモニロガー:TPS-10-X2」を組み合わせた、低コストでの電力監視システムをご紹介致します。

お客様のお困りごと

新築案件の工場で当初の予定では電力監視をしない仕様で決まっていたが、

盤を納入後に急遽電力監視をしたいとの要望が出てきた。

マルチメータの出力はアナログ出力4点とパルス出力1点と警報出力1点の仕様になっており、

台数も多く今さらマルチメータを通信付のものに交換も出来ない。

何か良い方法は無いだろうか?

弊社からの提案

マルチメータの電力量をパルス入力した「多素子パルス入力ユニット TWP8C」をRS-485通信で事務所まで配線し、電力監視ソフト「エネモニロガー:TPS-10-X2」を使うことで、低コストで後付の電力監視システムが構築できると提案しました。

 

【お客様の声】

引き渡し日も迫っており一時はどうなるかと思ったが、

コストもかけずに思い通りのものがお客様に提案出来たので本当に助かりました。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ