課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > CC-Link通信とパルスを同時出力可能!XM2-110

No.97 CC-Link通信とパルスを同時出力可能!XM2-110

CC-Link通信とパルスを同時出力可能!XM2-110

マルチメータXM2-110では通信出力とパルス出力を同時搭載可能です。

中央監視にはCC-Link通信で敷設、現場表示にはパルス出力を使用して

電力監視を構築しました。

お客様のお困りごと

「新設の工場に分電盤を納入することになったが、

中央監視装置にはCC-Link通信で敷設すること

現場監視装置にはパルスで表示するよう原設計に書かれている。

なにか良い製品はないか」とご相談をいただきました。

弊社からの提案

マルチメータXM2-110シリーズをご紹介致しました。

形式:XM2-110-995-C30-11は

1台でCC-Link通信に加え、パルス出力を2点を出力機能を持っています。

また、負荷入力がなくてもCC-Link,パルス出力と模擬信号を出すことが

出来るので、設置後の通信確認試験で役に立つことを説明しました。

 

 

『お客様の声』

マルチメータ1台で対応できたので、省スペース、配線工数低減になりました。

現場に設置後、おそわった模擬出力で対向試験を行いましたが、とっても便利でした。

 

 

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ