課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 配線工数を低減!ブザー付故障表示器!

No.101 配線工数を低減!ブザー付故障表示器!

配線工数を低減!ブザー付故障表示器!

故障表示機(XST-110シリーズ)はブザーと自己保持機能を
標準搭載しております。
故障を表示と音でわかりやすくお知らせします。

お客様のお困りごと

ランプとリレーで故障表示させるように考えてましたが、自己保持の必要がありラダー回路を組む必要があり手間がかかります。個別で、配線すると配線工数をがかかりますし、配線ミスの可能性が増えます。

何か良い方法はないでしょうか?とお問い合わせいただきました。

弊社からの提案

ブザー付故障表示器(XST-110シリーズ)を紹介しました。
故障表示は前面のLEDが点灯し、ブザーでもお知らせすることが可能です。

自己保持機能も設定できるようになっていますのでラダー回路は必要ありません。

また、スクリューレス端子を採用していますので配線工数を低減することができることを説明しました。

 

『お客様からの声』

故障表示器本体にブザーが搭載され、自己保持機能があり便利でした。
また、スクリューレス端子の使い勝手が良く、配線工数の低減ができました。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ