課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 地下にある配電盤の異常・漏電を中央監視室で遠隔監視!

No.193 地下にある配電盤の異常・漏電を中央監視室で遠隔監視!

地下にある配電盤の異常・漏電を中央監視室で遠隔監視!

【対象:工場管理部門】

・設備の異常にすぐ気づきたい。

・工事費が高額でシステム導入が難しい。

・地下で無線が届かないとあきらめている。

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

工場内の保安室地下にある配電盤から漏電等の警報が出ているが

現場に人がいないため、誰も気が付かない。

異常発生時に、違う建屋の中央監視室へ即時に通知できるシステムを導入したい。

現場は地下かつコンクリートで囲まれており、建屋間には事務所のビルがあるため、

有線で構築するのは莫大な費用がかかり、工事も大変だ…

無線でシステム構築できたらなあ…

 

弊社からの提案

LoRa無線機を使って地下室の配電盤から中央監視室へ無線送信します。

地下室~中央監視室までの配線工事が不要の為、簡単・安価に導入できます。

異常リレーの接点信号をHLR-C8-IN(接点8点入力モデル)へ入力し、

既設の漏電監視装置から出力されるアナログ信号を

HLR-A8(アナログ8点入力モデル)へ入力します。

地下室はコンクリートに囲まれているため、無線が通りづらいのですが、

保安室5階の屋上に中継器を設置することで、

離れた中央監視室までの通信が可能となりました。

中央監視室にHLR-GW(IoTゲートウェイ)を設置し

PCと接続することで異常を遠隔監視できます。

また、異常発生時に担当者へメール送信することも可能です。

 

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ