LoRa無線機

HOME > 製品紹介 > LoRa無線機対応 IoTゲートウェイ HLR-GW

LoRa無線機対応 IoTゲートウェイ HLR-GW

ダウンロード

カタログ 仕様書
通信仕様書
取扱説明書 CAD図
ソフトウェア

製品説明

IoTゲートウェイ HLR-GWは、各LoRa無線機からのデータを集約し、Ethernetにて接続されたローカルPCや、既存LAN通信網を使ってHUB経由でPCに接続することで、データ収集・モニタリングが可能となります。(Webサーバー・モニタリングソフト標準搭載)

 

IoTゲートウェイ内にデータはCSV形式で逐次保存され、接続されたPCにより任意のタイミングでのデータ抜き出しや、PCを接続しなくても、USBメモリにて任意のタイミングでデータを取得することも可能です(標準搭載)

また、上位ソフトを構築すればFTP方式にてデータを取得することも可能です。

 

アナログ信号の警報上下限値、接点信号の警報上限値を外れた場合には、PC画面上での警報表示(標準搭載)はもちろん、メールでのお知らせ(標準搭載)や、IoTゲートウェイからランプやブザーなどに接点出力することも可能です。(オプション)

 

無線通信には、IoT向け無線技術の一つであるLoRa(※)を使用しています。そのため、親機となるIoTゲートウェイHLR-GWまで、最大見通し5km通信することが可能となるため、従来の920MHz帯の特定小電力無線では中継器を置かなければ届かなかったような場所でも無線が届くことがあり、お客様からも評価されています。
※ 本装置は、LoRa Private で利用します。

特長

  • WEBサーバーとモニタリングソフトが標準搭載されているので、IPアドレスへアクセスするだけで簡単にモニタリングが始めれます。
  • 標準搭載のモニタリングソフトでは、状態モニタリング(グラフ表示)のほか、積算回数カウント、差分回数カウント、警報値(閾値)などの設定が可能です。
  • ファイルはCSV形式で内部に保存されているので、FTPでの元データ取得も可能です。
  • 各LoRa無線機で警報が発生した時、Gmailにてメール送信することができます。(標準機能)
  • PC操作しなくても保存されたCSVデータをUSBメモリにて抜き出すことができます。(標準機能)
  • 各LoRa無線機で警報が発生した時、IoTゲートウェイから外部接点出力にてランプ・ブザーでお知らせすることができます。(オプション)

課題解決事例

仕様

HLR-GW-L
項目 仕様
通信 LoRa通信 / Ethernet
電源 AC100V(ACアダプター)
機能 状態モニター(グラフ)、回数カウント、警報設定、メール通知機能(Gmail)、USBメモリ記録機能
データ更新/子機数 10秒/1台、1分/5台、10分/50台
最大50台まで1グループに子機接続可能
最大グループ数 12グループ
データ保存 CSV形式
データ転送方法 FTP方式
対応ブラウザ Google Chrome
オプション 外部接点出力

よくあるご質問

ダウンロード

製品紹介一覧
生産終了品