課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 親会社からのカーボンニュートラル対応をLoRa無線機で解決

No.134 親会社からのカーボンニュートラル対応をLoRa無線機で解決

親会社からのカーボンニュートラル対応をLoRa無線機で解決

【管理部門・生産技術向け】

・親会社からカーボンニュートラル対策の指示があった。

・詳細の電力監視を実施し使用電力量の現状を把握したい。

・電力監視の結果から省エネ目標を適切に策定したい。

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

弊社には親会社がいるのですが、
最近その親会社がカーボンニュートラルに取り組むので
その対応策を子会社のウチも取って欲しいと急に依頼がありました。

今までは複数ある工場建屋の電力量は現場の機械式の電力量計を
巡回点検していたのですが、人手不足もあり親会社の要求レベルには達しないので、
電力監視をシステム的に行う必要があるんです。

ただ、クラウドシステムは月額の利用料が面倒なので
最初から候補から外しています。

また、親会社のWeb回線を使用しているのですが、
月曜日の朝は全グループ会社がアクセスし集中してしまい、
システムが動かなくなってしまうので、
社内ネットワークに上がるシステムは使用したくないんです。
監視システムが動かないでは意味が無いので、
ローカルで完結するシステムを探しています。

かといって有線配線となると工場建屋が複数あるので、
配線工事費がシャレにならないので
どうにか無線にできないかと検討しています。

良いシステムは無いのでしょうか?

弊社からの提案

LoRa無線機は長距離通信(見通し5㎞)可能で、後付け設置が可能です。

通信距離は障害物ありの実力値では約500~600mエリアの導入実績があります。

今回の電力監視に関しても、ハカルプラス製の電力量変換器(TWPM)を使えば
電力を監視したい場所に完全後付け設置が可能です。

警報発生時には、IoTゲートウェイのオプション機能の接点出力オプションで
警報発生に気付くことも可能です。

導入後、後付けで子機を増やしていくことも可能なので、電力データが確実に取得でき
運用できることを確認後、子機の台数を増やしていく段階的なスモールスタートも可能です。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ