LoRa無線機

HOME > 製品紹介 > LoRa無線機 RS-485通信モデル HLR-RS485

LoRa無線機 RS-485通信モデル HLR-RS485

ダウンロード

製品説明

LoRa無線機 RS-485通信モデル HLR-RS485は、RS-485通信(Modbus準拠)をLoRa無線に変換し、無線通信にて上位システムにデータ伝送を行うことができます。

 

当社の以下の機器とは標準で接続でき、各種データをLoRa無線にて伝送し、IoTゲートウェイにてモニタリングすることが可能です。

【対応機種】

電子式マルチメータ:XM2・XS2

電力量変換器:TWPS

電力マルチ変換器:TWPM・TWP5M

パルス入力変換器:TWPP

接点入力変換器:TWP8C(8点)

 

また、この機器を無線伝送モードでペアで使うことでRS-485(Modbus準拠)の信号をLoRaで無線化して伝送し、取得した信号をRS-485に変換しPLCなどの機器に接続することが可能です。

 

無線通信には、IoT向け無線技術の1つであるLoRa(※)を使用しています。そのため、親機となるIoTゲートウェイHLR-GWや、無線機間通信機能でのペアのHLR-RS485まで、最大見通し5km通信することが可能となるため、従来の920MHz帯の特定小電力無線では中継器を置かなければ届かなかったような場所でも無線が届くことがあり、お客様からも評価されています。
※ 本装置は、LoRa Private で利用します。

特長

  • 有線(RS-485:Modbus) から無線(LoRa) に変換し、データ伝送が可能。
  • Modbus通信機器なら、他社製品でもLoRa無線通信可能。(ソフト変更が必要な場合あり:別途ご相談ください)
  • 外出しアンテナの装着も可能

課題解決事例

仕様

HLR-RS485
項目 仕様
有線通信インターフェース RS-485準拠
無線通信周波数 920MHz帯
無線通信変調方式 LoRa変調(スペクトラム拡散)
無線通信最大転送速度 約537bps
無線通信受信感度 -137dBm
最大通信距離 見通し約5㎞
(※2.3㎜板厚で盤間距離見通し約1.5㎞当社検証)
有線伝送速度 9600bps・19200bps
有線伝送距離 約1000m
有線通信同期方式 調歩同期方式(非同期式)
有線通信制御方式 ポーリングセレクション方式(半二重モード)
有線伝送モード Modbus RTU準拠
取付仕様 DINレールまたはネジ取り付け

よくあるご質問

ダウンロード

製品紹介一覧
生産終了品