課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 電気代低減!LoRa無線機でデマンド監視・空調制御を実現!

No.135 電気代低減!LoRa無線機でデマンド監視・空調制御を実現!

電気代低減!LoRa無線機でデマンド監視・空調制御を実現!

【管理部門向け】

・空調機にかかる電気料金を低減させたい

・デマンドコントロールを手動で行っている

・ユーザーに省エネ提案をしたい

・デマンド監視装置や空調制御装置を導入したいけど、工事費がネックになっている

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

SDGsカーボンニュートラルの流れで本格的に省エネへの取り組みを検討しています。

ウチは工場なので、一番電気を使っている生産設備は別で省エネ対策を検討しているのですが、その次に電気を使っているのは、夏・冬に特に電気を使っている空調機です。

そこで、工場のデマンド電力を監視し、契約電力を超えそうになると自動的に空調機を制御することで契約電力を超えないようにコントロールしたいんです。

しかし、空調機15台は工場内に点在していて、配線工事を考えると工事費がネックになってしまいます。

導入コストを極力下げて、省エネにつながるシステムを導入したいのですが、良い方法は無いのでしょうか?

弊社からの提案

初期導入費を削減するためには配線工事が不要なLoRa無線機が最適です。

デマンド監視装置空調制御装置を連動させてLoRa無線機で信号を無線通信させます。

まず、受変電設備に設置したデマンド監視装置のRS-485(Modbus)信号をLoRa無線機で無線化し事務所に設置したデマンド表示器にて監視します。

監視項目は、デマンド電力表示・予測電力表示・状態表示(余裕・注意・警戒・限界)などが表示され、デマンド状態をリアルタイムにモニタリングできます。

また、デマンド監視装置から出力されるデマンド警報(注意・限界)を空調制御装置の親機へ入力、LoRa無線機の接点無線伝送モードにて現場の空調機(室外機)へコントロール信号(50%運転・送風運転)を送り空調機の省エネ運転を実現します。

これにより、デマンド監視装置+空調制御装置がLoRa無線機を使うことで配線工事無しに導入できました

また、デマンド監視装置と空調制御装置を連動することで意識することなく電気代を年々低減することが可能となります。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ