課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > CO2排出量管理に最適! LoRa無線機で後付け電力監視!

No.148 CO2排出量管理に最適! LoRa無線機で後付け電力監視!

CO2排出量管理に最適! LoRa無線機で後付け電力監視!

【工場:総務・環境管理部門向け】

・カーボンニュートラル推進企業。

・CO2排出量の管理・報告が必要。

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

最近、カーボンニュートラル対策としてCO2排出量の見える化・報告が課題となっている。

工場の電力監視は大元しか実施していないので詳細なCO2排出量も案分でしか抽出できない

先ずは電力監視の測定点を詳細に増やし監視したい

しかし、後付けでシステム化すると配線工事費、システム費など点数を増やせば増やすほど

コストが莫大となる…。

使用電力量の時間帯別詳細データさえあれば、省エネにも展開できるし、CO2換算も可能となる。

簡単に電力監視を無線で構築できるシステムは無いものか…。

弊社からの提案

弊社の電力量変換器TWPMLoRa無線機を使えば簡単に後付けで電力量を計測し、

見通し5㎞通信可能なLoRa無線で事務所のIoTゲートウェイで

電力量の自動データ収集・モニタリングが可能です。

測定したい測定点にTWPMとLoRa無線機を設置するだけ。

無線通信が難しい場合でも1段中継可能な中継器も準備しています。

最大50か所・数100点の電力測定点を監視することが可能です。

無線通信なので配線工事不要

電力量データは事務所PCよりCSV出力が可能なのでお客様で係数を掛け

CO2排出量に換算することも可能。

また、各測定点の使用電力量からCO2排出量をワンボタンで帳票化するカスタマイズ

オーダー可能です。

モニタリング画面例はこちら

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ