課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 動力分電盤の設備単位の使用電力量を簡単に遠隔監視!

No.184 動力分電盤の設備単位の使用電力量を簡単に遠隔監視!

動力分電盤の設備単位の使用電力量を簡単に遠隔監視!

【工場:設備管理・環境管理部門向け】

・電気代高騰対策として設備単位の電力量を
可視化したい。

・取引先から脱炭素対策を求められている。

・電力量削減目標を策定したい。

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

工場では各建屋毎の使用電力量を日々の巡回点検で管理している。

しかし、手書き点検は非効率の上、データを利用して

電力量削減目標の展開もできていない。

電気代高騰や脱炭素の流れから上司より対策を求められている

生産工程の設備単位の詳細の電力量が管理できていない為、

省エネ対策として何をどうしたらいいかわからない。

巡回点検で見回る測定点が増えるのは嫌!

設備単位に測定器を簡単に後付けして遠隔で電力量の管理ができれば

具体的な目標策定から省エネ活動へ展開できるのに…。

弊社からの提案

LoRa無線機を使ってシステムを構築すれば、各設備の電力量の管理を

無線で遠隔監視できます。

 

高精度モデルではなく簡易測定モデル(TWPM-E)(電圧・力率固定設定)を使えば

測定電圧配線が不要で停電工事が必要ありません

また、各設備の電源を分電している動力分電盤があれば

その分電盤の測定したい設備電源に電流CTをセット、電力量変換器(TWPM-E)を設置し

無線送信器(HLR-RS485)を端点に1つ設置。

電源をメンテナンスコンセントから供給するだけ。一か所の設置工事で済みます

 

IoTゲートウェイ(HLR-GW)を事務所に設置しPCをLANケーブルで接続するだけで

ブラウザ(Chrom推奨)にて標準搭載されたソフトウェア

モニタリング・データ比較・CSV出力・帳票出力など様々な可視化・運用が可能です。

 

簡易測定モデル(TWPM-E)は電圧配線・停電工事が不要な点が特長で一時的な設置で

ある程度の期間を測定した後、別の設備の電力量測定に流用することも可能です。

簡易測定モデル1セットで運用期間を決めて様々な設備電力量を把握し、

省エネしたい設備が特定できれば、事務所に設置した

IoTゲートウェイ(HLR-GW)はそのままで、高精度モデルを設置

測定点を増やしていくことも可能です。※最大50カ所増設可能

電力監視モニタリング画面はこちら

関連する製品

関連するLoRa無線機+センサ パッケージ

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ
タグ
LoRa無線機(108)
電子式マルチメータ(41)
LoRa-無線伝送モード(30)
異常監視(29)
巡回検針効率化(29)
電力監視(23)
デマンド監視(19)
電力用トランスデューサ(17)
環境監視(17)
ユーティリティ設備監視(16)
温湿度監視(13)
稼働監視(13)
特殊仕様品(13)
電気代削減(11)
太陽光発電監視(8)
コスト低減(8)
空調制御(8)
漏電監視(7)
流量監視(6)
脱炭素対策(6)
点検効率化(5)
省力化(5)
タンク残量(4)
圧力監視(4)
水質監視(3)
LTE-M通信機器(3)
ハカルプラスクラウド(3)
故障表示器(3)
Modbus通信(3)
電圧電流記録計(3)
蓄電池監視(2)
スマート保全(2)
設定用PCソフト(2)
エネモニロガー(2)
温度調整器(2)
CC-Link通信(2)
直流計測(2)
工数削減(2)
CO2排出量監視(2)
PLC通信(2)
電力監視支援機器(1)
440V計測(1)
周波数表示(1)
風力発電監視(1)
高速応答形(1)
粉塵監視(1)
騒音監視(1)
逆潮流(1)
電子式デマンドメータ(1)
ダブルスロー基板(1)
警報設定器(1)
バーグラフメータ(1)
電子式受信指示計(1)
アナログ出力絶縁(1)
排ガス監視(1)
安全監視(1)
リモートアクセス(1)
信号変換器(1)
Huawei(1)
同期検定機(1)
水道使用量監視(1)
デマンドメータ代替品(1)
電子式デマンド電流メータ(1)
零相電圧(1)
自動力率調整器(1)
パルス出力(1)
スマート農業(1)
製品開発事例(1)
最近の記事
インフラ業界
特殊仕様品
No.202 【マルチメータ応用編】VCCI相当適合…
製造業界
LoRa-無線伝送モード
No.201 後付けで流量・圧力データを上位システム…