課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 1時間から1分へ LoRa無線を使った業務効率化術とは

No.18 1時間から1分へ LoRa無線を使った業務効率化術とは

1時間から1分へ LoRa無線を使った業務効率化術とは

・ビル管理業務を効率化したいお客様

このようなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

「ビル衛生管理法により、一週間に一度、残留塩素濃度を計らないといけないのですが、そのために1時間も2時間も離れた現場に行かないといけなくて、非常に効率が悪いんです。
働き方改革の流れもあり、業務効率化を検討しています」と、総合ビルメンテナンス業A社の担当はそう語る。

ビルメンテナンス業界は労働集約型産業と呼ばれているが、景気動向による価格競争や昨今の人手不足により、遠隔監視システムや清掃ロボットの導入など自動化が進められている。

しかし、すぐに多大なコストをかけられないのが実情だ。「電力メータの検針自動化など、やりたいことはたくさんあります。

マルチベンダで出来るシステムが低価格で出来れば嬉しいですね」

弊社からの提案

・残留塩素計とLoRa無線機を組み合わせることで、最小限のコストで拡張性のあるシステムを提案しました。

・センサと無線機を追加するだけで、電力量計の自動検針や、各部屋の温度監視なども後付けで可能です。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ