課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 各種制御盤の異常を事務所で監視!傾向把握!改善活動へ!
NEW

No.96 各種制御盤の異常を事務所で監視!傾向把握!改善活動へ!

各種制御盤の異常を事務所で監視!傾向把握!改善活動へ!

【工場:生産管理部門・設備管理部門】

・生産管理・設備管理にて異常の

対応をされている方

・各種異常の傾向を把握し効率的な

メンテナンス対応を行いたい方

・異常回数・異常時間の把握から

生産効率改善へ繋げたい方

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

各工程の様々な制御盤で異常は毎日発生します。

異常が発生するたびに対応を実施しているが、

異常傾向(異常回数が多い・最近よく出る異常・異常対応が長時間かかるなど)

を把握し事前に対応・改善につなげたい。

今は異常の一元管理・見える化はしていないので傾向がわからない…

先ずは工場全工程での異常を監視し、回数・発生時間・対応時間など傾向を把握したい…

既設制御盤のPLCソフトをすべて改造し、事務所まで配線工事をすれば可能だが

費用を考えると…

後付け簡単にできる…そんな都合のいいシステムはないだろうか…

 

弊社からの提案

工場内に点在する各工程の制御盤の異常信号(接点信号)をLoRa無線機(子機)へ入力し

LoRa無線で事務所に設置したIoTゲートウェイ(親機)へ送信、

異常信号の接点を入力するだけで異常状態・異常回数・異常発生積算時間

を事務所で管理できます。

異常発生時間が長い・異常回数が多い=異常の抜本的な改善への優先順位付け

など、異常傾向が見える化できるので、生産改善活動へつながります。

また、最近この異常が発生しだしたなど時期的な異常傾向もつかめます。

システム機器は長距離無線通信なので配線工事が不要で点在した複数制御盤の状態を

後付け簡単に監視できます。

関連する製品

関連するLoRa無線機推奨機器

前の記事へ
一覧へ戻る