課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 点在した40台の恒温槽温度データをPLCへデータ転送!

No.114 点在した40台の恒温槽温度データをPLCへデータ転送!

点在した40台の恒温槽温度データをPLCへデータ転送!

【工場:生産・品質管理部門】

・生産設備のデータ管理・分析を

されているお客様

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

工場内に40台点在する恒温槽温度監視

各エリアの室内温湿度監視を同時に行いたい。

品質データとしてエビデンス管理を考えている。

また、これらのデータを社内PLCネットワークへ乗せ

最終、社内サーバで保存することができれば

分析・見える化・報告書・改善活動など使い方に幅が広がる。

配線工事費や開発費を考えると導入は難しい。工場も広く無線機器も検討したが

どの機器も無線通信できなかった……。

弊社からの提案

LoRa無線機は点在したセンサアナログ信号を

見通し5㎞の長距離無線通信可能です。

また、今回のご要望はPLCへのデータ転送ですが、

監視室のIoTゲートウェイにLoRa無線で蓄積された

恒温槽の温度データ及びエリアの温湿度データを

EthernetのModbus/TCPプロトコルにて

コマンド通信が可能な為、PLCにEthernetユニットを追加

PLCソフトを追加するだけで、PLCネットワークへデータ転送が可能です。

このModbus通信機能はIoTゲートウェイに標準搭載されています。

関連する製品

関連するLoRa無線機推奨機器

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ