課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 工場排水の水質(pH・濁度)を後付けで一元遠隔監視!

No.51 工場排水の水質(pH・濁度)を後付けで一元遠隔監視!

工場排水の水質(pH・濁度)を後付けで一元遠隔監視!

・工場環境監視担当様

・品質監視データの記録を自動で残したい 担当者様

・工場保全・巡回点検業務を効率化したい 担当者様

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

「工場にある排水処理施設の管理を担当しています。工場内に点在している排水計測ポイントを巡回し、pH・濁度など異常がないか確認していますが、その作業負荷がとても大きいのです。」

「人手不足に働き方改革が重なり、業務効率化は喫緊の課題です。」

「高価な水質分析装置は簡単に導入できないので、安価で工事があまりかからない手法で巡回点検業務の効率化を検討していきたい。」

と工場の設備管理部門に属するCさんは嘆く。

 

最近ではCさんの担当する設備が増設され、巡回点検項目も増加!

今後、巡回点検業務の効率化は最大の課題となっていくので、効率化は必須でした。

弊社からの提案

・pHセンサ・濁度センサから出力されるアナログ信号を5km飛ぶLoRa無線で事務所へ送信。事務所で一元遠隔監視できます。

・排水制御盤の異常監視・排水ポンプの稼動監視も同時に行えます。

・後付けでシステム導入でき、配線工事も要らないので安価で監視業務が効率化できます。

・事務所で複数現場の品質データが管理できるので巡回業務の効率化につながります。

排水品質監視

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ