課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > LoRa無線機で養殖場の環境状態を遠隔監視!
NEW

No.55 LoRa無線機で養殖場の環境状態を遠隔監視!

LoRa無線機で養殖場の環境状態を遠隔監視!

・海・湖などの養殖場の環境調査の為に巡回点検をしているお客様

・水質などのデータ管理を時間をかけずに実施したいお客様

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

・漁港近郊の養殖場の水質調査の為に塩分濃度や水温を定期的に

計測しているが、その都度船を出して調査しているので、燃料費や人件費など

コスト・時間が多くかかってしまう…

海上なので有線で配線することはできない…

無線を利用したシステムでリアルタイムにデータ収集を行ないたいのだが…

弊社からの提案

・事務所から海上計測ポイントまで1km位でした。海上に専用BOXを載せたイカダから事務所まで目視確認ができた為無線電波強度を測定しても問題ないことが確認できました。

 

・塩分濃度センサー、水温計にアナログ信号の出力する機能があったので、その信号をそのまま利用して、LoRa無線機と組み合わせることを提案。

 

・電源は直接配線することはできないので、太陽光パネルとバッテリーの2種類を併用してDC24V電源に対応できる様機器を構築し、BOXに関しては海水によるサビ対策として、ステンレス製のBOXを利用することで解決できました。

 

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ