課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > LoRa無線機 と i-Clip-Viewerでできる稼働時…

No.90 LoRa無線機 と i-Clip-Viewerでできる稼働時間の見える化!

LoRa無線機 と i-Clip-Viewerでできる稼働時間の見える化!

【工場:工務部門・設備管理部門】

・日々設備メンテナンス対応をされている方

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

設備メンテナンスの効率化・省力化を実施したい。

設備単位の稼働時間がわからないため、故障した生産設備が発生したら、

都度メンテナンスを行っており、非効率。

生産設備ごとの稼働時間のデータをとり、メンテナンスタイミングが近づいた設備を

把握したい。(TBM:Time Based Maintenance)。

その設備から優先順位をつけ逐次点検を行い、

故障による設備稼働率の低下や計画外の操業停止を回避したい。

工場画面レイアウト(フロアマップ)を含めた稼働監視

ソフトメーカに依頼すると数百万円かかる。

導入コストは出来るだけ低コストに抑えたい。

弊社からの提案

・各生産設備からLoRa無線でデータ収集(稼働時間):配線工事不要!

・i-Clip-Viewerを活用することで、モニター見える化について

工場レイアウトを簡単にカスタマイズ可能です。

・i-Clip-ViewerはExcelベースのため、お客様でモニタリング画面を

簡単に変更カスタマイズできます。

・結果、生産設備50点の監視システムを150万円以内で構築できました。

関連する製品

関連するLoRa無線機推奨機器

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ