課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 1日3回・約200か所の圧力メータの巡回点検を効率化!

No.139 1日3回・約200か所の圧力メータの巡回点検を効率化!

1日3回・約200か所の圧力メータの巡回点検を効率化!

【工場:製造・管理部門向け】

・日々の工場巡回点検業務の効率化が課題。
(点検箇所が多数・工場が広大・点検箇所が危険)

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

現在、広大な工場敷地内にある200か所の圧力メータの巡回点検検針を
1日3回 にて巡回し点検記録し、事務所にてExelにて入力管理しています。

これでは圧力異常が発生していても気づくのが遅れてしまいます。

また、1日3回だけではなくリアルタイムのデータを記録し管理したいと思っています。

監視システムを探しているのですが、
事務所までの有線配線工事費を考えると導入ハードルが上がってしまって…

しかし、人手不足から点検の効率化は喫緊の課題となっています。

無線を使って、データを自動収集し、
異常が発生した時だけお知らせしてくれるシステムを後付けで導入したいのですが、
良い製品はありませんでしょうか?

弊社からの提案

LoRa無線機は見通し5㎞長距離通信可能な無線機なので、
広大な工場の点在する測定点の圧力メータのアナログ信号を
事務所へLoRa無線で送信し、データを自動収集することが可能です。

事務所までの配線工事が不要で、初期導入コストを抑えることができます。

測定点は1か所からのスモールスタートが可能で、
収集データが使えることがわかれば、都度測定点を増やしていくことも可能です。

また、現場のアナログ送信機は1点・4点・8点のモデルがあり、
測定点が集中している場合分散している場合の両方に対して最適な構成を構築できます。

さらには、アナログ変換器とRS-485通信で標準接続可能なので
8点以上の測定点が集中している場合でも最適なシステム構成が可能です。

それぞれの圧力メーターの上下限警報値を設定でき、しきい値を超えると
メールでお知らせすることも可能なので、異常発生にすぐに気づくことができます。

関連する製品

関連するLoRa無線機推奨機器

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ