課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 工場内11か所に点在する汚水槽排水制御盤の異常集中監視!

No.107 工場内11か所に点在する汚水槽排水制御盤の異常集中監視!

工場内11か所に点在する汚水槽排水制御盤の異常集中監視!

【工場:環境・保全管理部門】

・ユーティリティー設備の保全・管理を

しているお客様

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

過去工場内の11か所に点在する汚水槽の排水制御盤において

異常が発生し、発生した異常に気付かず、

汚水が漏れる事故につながりそうになった。

汚水槽排水制御盤はすべてLocalの制御盤ネットワーク化されていない。

よって、現場制御盤面で異常発生していても気づくのが確実に遅れる

そこで、事務所で全汚水槽排水制御盤11か所の異常集中監視を行いたい。

しかし、工場が広く、見通しも悪く無線通信機器は

過去テスト実施したが難しかった。

配線工事費を考えると導入には二の足を踏む

工場全体を無線でカバーできる後付け機器は無いものか…

 

弊社からの提案

見通し5㎞の長距離無線通信可能なLoRa無線機を提案。

現場排水制御盤にLoRa無線機(HLR-A4C4・HLR-C1/C2)を設置し、

異常接点信号を入力します。

HLR-A4C4は異常信号4点まで入力可能なので、詳細の異常単位で入力可能

HLR-C1は1点・HLR-C2は2点まで入力可能です。

異常発生すればLoRa無線通信で事務所に設置したIoTゲートウェイへデータ送信

PCを接続するだけでデータ収集・モニタリングが可能です。

また、IoTゲートウェイには接点出力オプションもあるため、

異常発生した時、事務所の表示灯・ブザーなどで異常発生が即座にわかります

また、メールでのお知らせ機能も標準搭載しているので、インターネット環境があれば

巡回中の担当者へメールでお知らせすることも可能です。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ