課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 適正な圧力を見極めて省エネへ! コンプレッサーの圧力監視

No.63 適正な圧力を見極めて省エネへ! コンプレッサーの圧力監視

適正な圧力を見極めて省エネへ! コンプレッサーの圧力監視

【工場ユーティリティー監視】

コンプレッサーの適宜運転で省エネを

検討しているお客様

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

お客様:食品工場

「コンプレッサーが必要以上に稼動し、ムダが生じています。

生産に影響を与えない適正な圧力値を設定し、省エネを

実現したいと考えています。」

「現状確認のために200m離れた事務所で、複数のコンプレッサーの

吐出圧力をモニタリングしたいが、無線が届くか心配です。」

「複数現場のデータを事務所でモニタリングできれば…」

「長距離無線があれば配線工事も無く簡単に導入できるのになぁ…」

弊社からの提案

・LoRa無線は見通し5km長距離通信できる為、工場200m程度の距離は問題なく

通信可能です。

・コンプレッサーや配管の圧力センサから出ているアナログ信号をHLR-A4C4に入力し、

LoRa無線でIoTゲートウェイに送信、圧力値をモニタリングできます。

・コンプレッサーの警報信号も併せて取り込むことができるため、異常の早期発見

につながります。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ