課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > LoRa無線で10秒でチェックできるポカミス防止の方法とは

No.14 LoRa無線で10秒でチェックできるポカミス防止の方法とは

LoRa無線で10秒でチェックできるポカミス防止の方法とは

・冷蔵庫や実験装置など設備の開閉状態を巡視点検しているお客様
・工事現場で扉の開閉状態をチェックしているお客様

このようなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

「施設の最終退出者になったときに、冷蔵庫や装置の開閉状態など全ての部屋の状態を確認しないといけないのが大変なんだ。カメラを導入することも考えましたが、コストが高くて実現できませんでした」

同社では、冷蔵庫や実験装置が開けっ放しにしていたために、実験中のものが台無しになるなど、ポカミスが以前から発生していた。

弊社からの提案

・近接センサとLoRa無線機を組み合わせ、事務所から設備の開閉状態を確認できる仕組みを提案しました。
・また温湿度センサを接続し、従来手書きでチェックしていた実験室の温湿度管理を自動化する提案をしました。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ