課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > タンク残量を非接触型レベルセンサで後付け遠隔一元監視!

No.38 タンク残量を非接触型レベルセンサで後付け遠隔一元監視!

タンク残量を非接触型レベルセンサで後付け遠隔一元監視!

【工場:設備管理の方向け】

・溶液タンクの残量を一元監視したいお客様

・既存の設備に後付けして取り入れたいお客様

このようなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

現在、私の工場ではタンクの残量を目視で確認しているのですが、
たくさんあるタンクをひとつずつ見て回るのはとても時間がかかるんです。
時にはタンクの中身がなくなってから気付くこともあって、
そんな時は冷や汗ものなんです。

そのため、時間を無駄にすることなく簡単にタンクの残量を監視できる
そんな方法があればよいのですが、
工場も広いので920MHz帯の特定小電力無線では中継器を何台も
設置しないと届かないみたいで、コストも合わないんです。

LoRa無線機はよく飛ぶと伺ったのですが、簡単にシステム構築が
可能なのでしょうか?

弊社からの提案

亀岡電子株式会社製の静電容量型液面レベルセンサと、
配線工事いらずのLoRa無線機を組み合わせました。

LoRa無線機の5km飛ぶ特性を活かし、
広い工場内全てのタンク残量を遠隔一元監視
できるようになりました。

レベルセンサは既存のタンクのアクリル製パネルに後付けができるので、
簡単に設置ができます。
タンクの溶液に触れない非接触型のセンサため、
センサの腐食や液体変質の心配もございません。

お客様からは、
「タンクの残量をまとめて事務所で確認することで
無駄な時間をカット
できるようになりました」

配線工事もいらなかったのですぐに取り入れることができました」

というお声を頂いております。

関連する製品

関連するLoRa無線機推奨機器

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ