課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > マルチメータ1台でアナログ出力を6点出します!

No.49 マルチメータ1台でアナログ出力を6点出します!

マルチメータ1台でアナログ出力を6点出します!

マルチメータ XM2-110シリーズのアナログ出力6点タイプを紹介します。

従来、アナログ出力は4点のみでしたが、6点必要となるケースに対応可能となります。

 

お客様のお困りごと

お客様の指定で「電圧・電流・電力・無効電力・力率・周波数」の6種類のアナログ出力が必要でした(DC4~20mA)。

しかし、現在のマルチメータのアナログ出力は最大4点であり、足りない分はトランスデューサを追加して対応する必要がありました。

トランスデューサを追加することで部品が増え、コストと配線工数が多くなる状況でした。

 

弊社からの提案

XM2-110のアナログ出力6点タイプであれば、

マルチメータ1台でアナログ出力が6点まで出力できるため、

新たにトランスデューサを用意する必要がなく、コスト・配線工数の低減に繋がります。

 

『お客様の声』

マルチメータ1台にアナログ出力を集約させることで、

コストや配線の低減だけでなく、機器台数を減らした盤の省スペース化も実現出来ました。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ