課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 【マルチメータ応用編】アナログ出力間絶縁タイプでアイソレータ…

No.53 【マルチメータ応用編】アナログ出力間絶縁タイプでアイソレータが不要に!

【マルチメータ応用編】アナログ出力間絶縁タイプでアイソレータが不要に!

電子式マルチメータ XM2-110シリーズの
ラインナップに、アナログ出力のチャンネル間絶縁が可能になったタイプが新たに追加されました。

これによりアイソレータ等が不要になり、コストダウンに成功した事例をご紹介致します。

お客様のお困りごと

相手側の接地がどの様に行われているか不明な為、アイソレータでチャンネル間の絶縁を行う方法を考えています。

しかし改修コストがかかり配線業務も多くなってしまうため困っています。

何かいい方法はないでしょうか。

弊社からの提案

一般的に電子式マルチメータのアナログ出力はDC(DC4-20mAやDC1-5V等)で出力します。

電子式マルチメータのアナログ出力のマイナス側はマルチメータ内部で共通になっています。

通常ご使用頂く場合は問題ありませんが、現地条件により廻り回路ができる可能性があり、
その場合はアイソレータで各チャンネル間を絶縁し問題を解決します。

2019年末に新たなラインナップとして追加された電子式マルチメータ
アナログ出力間絶縁タイプ XM2-110シリーズを提案しました。

各チャンネル間を絶縁しているため、アイソレータを使わずに
この電子式マルチメータ1台で賄うことが可能です。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ
タグ
LoRa無線機(108)
電子式マルチメータ(41)
LoRa-無線伝送モード(30)
異常監視(29)
巡回検針効率化(29)
電力監視(23)
デマンド監視(19)
電力用トランスデューサ(17)
環境監視(17)
ユーティリティ設備監視(16)
温湿度監視(13)
稼働監視(13)
特殊仕様品(13)
電気代削減(11)
太陽光発電監視(8)
コスト低減(8)
空調制御(8)
漏電監視(7)
流量監視(6)
脱炭素対策(6)
点検効率化(5)
省力化(5)
タンク残量(4)
圧力監視(4)
水質監視(3)
LTE-M通信機器(3)
ハカルプラスクラウド(3)
故障表示器(3)
Modbus通信(3)
電圧電流記録計(3)
蓄電池監視(2)
スマート保全(2)
設定用PCソフト(2)
エネモニロガー(2)
温度調整器(2)
CC-Link通信(2)
直流計測(2)
工数削減(2)
CO2排出量監視(2)
PLC通信(2)
電力監視支援機器(1)
440V計測(1)
周波数表示(1)
風力発電監視(1)
高速応答形(1)
粉塵監視(1)
騒音監視(1)
逆潮流(1)
電子式デマンドメータ(1)
ダブルスロー基板(1)
警報設定器(1)
バーグラフメータ(1)
電子式受信指示計(1)
アナログ出力絶縁(1)
排ガス監視(1)
安全監視(1)
リモートアクセス(1)
信号変換器(1)
Huawei(1)
同期検定機(1)
水道使用量監視(1)
デマンドメータ代替品(1)
電子式デマンド電流メータ(1)
零相電圧(1)
自動力率調整器(1)
パルス出力(1)
スマート農業(1)
製品開発事例(1)
最近の記事
インフラ業界
特殊仕様品
No.202 【マルチメータ応用編】VCCI相当適合…
製造業界
LoRa-無線伝送モード
No.201 後付けで流量・圧力データを上位システム…