課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 離れた「ばっ気槽」のpH値を中央監視装置にカンタン入力!

No.64 離れた「ばっ気槽」のpH値を中央監視装置にカンタン入力!

離れた「ばっ気槽」のpH値を中央監視装置にカンタン入力!

・離れた場所にある排水処理設備の

水質データを中央監視装置に取り込みたい

お客様

・離れた場所までpHなどの計測値を

確認しているお客様

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

お客様:鉄鋼メーカー

「現在、構内にある排水処理設備にpHセンサを設置し、計測データを中央監視

装置に入力、モニタリングするシステム構成を考えています。」

「計測ポイントと監視装置がある建屋の間に、大きな道路が通っているため、

有線配線しようとすると、新たに鉄柱を立てる必要があります。そのため、

無線化が必須です。しかし、長距離通信かつ無線伝送ができる丁度良い

製品が無く、困っていました。」

弊社からの提案

PHセンサから出力されるアナログ信号をHLR-A1(親機)に入力し、LoRa無線で

HLR-A1-OUT(子機)に送信。

子機からアナログ信号を出力させることを提案いたしました。

5秒間隔でデータを送信します。

関連する製品

関連するLoRa無線機推奨機器

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ