LoRa無線機 推奨機器

HOME > LoRa無線機 推奨機器 > バックスキャッタ方式ダストモニター QAL360C型

バックスキャッタ方式ダストモニター QAL360C型

バックスキャッタ方式ダストモニター QAL360C型

ダウンロード

製品説明

メーカー:関西オートメイション株式会社

 

【ダストモニター】

バックスキャッタ方式ダストモニターは、

大型ボイラーや大型キルン等の電気集塵機

バグフィルターの二次側の配管に

取付けることで、ばいじん濃度をオンラインで監視でき、

電気集塵機やバグフィルターの異常を

早期に検出することが可能となり、

設備の予防保全や環境対策等に役立ちます。

システム構成

特長

  • 後方散乱方式の採用で、簡易な取付けと高いメンテナンス性を実現します。
  • 自己診断機能にてレンズの汚れやドリフトを自動的に検出し、アラームを出力することが可能。
  • LoRa無線機と組み合わせることで遠くはなれた集塵機の状態を配線工事レスで遠隔監視

仕様

ダストモニター QAL360C型
型式 QAL360C
電源 AC100V~240V 32mA(50/60Hz)
※オプション DC24V 300mA
出力信号 濃度出力 DC4~20mA
(絶縁型 負荷抵抗max500Ω)
リレー接点 1b×2
(アラーム出力時と電源OFF時間)
入力信号 プラントストップ信号
(DC24V入力時に表示・出力を変更)
分解能 <0.1mg/㎥
ハウジング 保護等級IP65
ディスプレイ LEDデジタルディスプレイ LEDランプ
許容温度 周囲温度:-25℃~50℃
排気ダクト内温度:-25℃~250℃
(標準仕様)
-25℃~400℃
(高温仕様)
対応ダクト径 1~15m
※オプション2~10m
材質 ADC(エポキシコーティング)
センサ材質 SUS316
センサ接続口径 JIS10K 80A、JIS 5K100A、JIS10K100A
重量 約9.6kg