課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 全国の工事現場の使用電力量を本社で一括管理

No.197 全国の工事現場の使用電力量を本社で一括管理

全国の工事現場の使用電力量を本社で一括管理

【対象】

・ゼネコン
・工事会社
・本社環境管理部門

こんなお客様におススメです!

お客様のお困りごと

弊社では、全国各所に及ぶ建設工事現場を抱えており、それぞれの現場での電力使用量を適切に管理することが課題となっています。

現在は、各現場の担当者が手作業で電力量をチェックし、記録、報告するという方法を取っていますが、いくつかの問題点があります。

  1. 人手によるチェック漏れや記録ミスが発生しやすい。
  2. 細かな時間帯ごとの電力消費量が把握できない。
  3. データのまとめや報告に手間と時間がかかる。

加えて、近年の脱炭素化への対応として、建設にかかるCO2排出量の正確な記録と報告が求められるようになってきました。手作業での対応では、データの精度や効率面で限界があります。

現場の電力使用状況を自動で計測し、リアルタイムにデータ収集・CO2換算できるサービスがあれば、これらの課題を一気に解決できるのですが。。
本社で一元管理しながら、効率的に電力管理とCO2排出量の可視化を実現する方法を探しています。

弊社からの提案

弊社からはHLT-P1C4を用いたハカルプラスクラウドサービスをご提案させていただきました。

本サービスは、各工事現場の取引用電力量計にHLT-P1C4を設置し、クラウドを通じて自動的に使用電力量データを収集・集計します。
本社側では、専用のWebダッシュボードを通じて、全国の工事現場の電力使用状況を把握することが可能となります。

これにより、現場スタッフによる手作業でのチェックや記録、報告が不要となり、業務効率化が図れます。
また、計測器による自動計測のため、ヒューマンエラーによるデータ誤りのリスクも排除できます。

さらに、1時間単位の電力使用量の把握により、ピーク時間帯の特定や無駄な電力使用の発見にも役立ちます。
収集した電力データは自動的にCO2排出量に換算され、見やすいグラフで可視化。脱炭素対応に向けたCO2排出量の把握と削減にも貢献します。

収集したデータは日報・月報・年報としてCSV出力も可能です。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ
タグ
LoRa無線機(108)
電子式マルチメータ(41)
LoRa-無線伝送モード(30)
異常監視(29)
巡回検針効率化(29)
電力監視(23)
デマンド監視(19)
電力用トランスデューサ(17)
環境監視(17)
ユーティリティ設備監視(16)
温湿度監視(13)
稼働監視(13)
特殊仕様品(13)
電気代削減(11)
太陽光発電監視(8)
コスト低減(8)
空調制御(8)
漏電監視(7)
流量監視(6)
脱炭素対策(6)
点検効率化(5)
省力化(5)
タンク残量(4)
圧力監視(4)
水質監視(3)
LTE-M通信機器(3)
ハカルプラスクラウド(3)
故障表示器(3)
Modbus通信(3)
電圧電流記録計(3)
蓄電池監視(2)
スマート保全(2)
設定用PCソフト(2)
エネモニロガー(2)
温度調整器(2)
CC-Link通信(2)
直流計測(2)
工数削減(2)
CO2排出量監視(2)
PLC通信(2)
電力監視支援機器(1)
440V計測(1)
周波数表示(1)
風力発電監視(1)
高速応答形(1)
粉塵監視(1)
騒音監視(1)
逆潮流(1)
電子式デマンドメータ(1)
ダブルスロー基板(1)
警報設定器(1)
バーグラフメータ(1)
電子式受信指示計(1)
アナログ出力絶縁(1)
排ガス監視(1)
安全監視(1)
リモートアクセス(1)
信号変換器(1)
Huawei(1)
同期検定機(1)
水道使用量監視(1)
デマンドメータ代替品(1)
電子式デマンド電流メータ(1)
零相電圧(1)
自動力率調整器(1)
パルス出力(1)
スマート農業(1)
製品開発事例(1)
最近の記事
インフラ業界
特殊仕様品
No.202 【マルチメータ応用編】VCCI相当適合…
製造業界
LoRa-無線伝送モード
No.201 後付けで流量・圧力データを上位システム…