課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 【変換器応用編】トランスデューサで潮流補正・逆潮流の同時出力…

No.50 【変換器応用編】トランスデューサで潮流補正・逆潮流の同時出力が可能!

【変換器応用編】トランスデューサで潮流補正・逆潮流の同時出力が可能!

TM2では2点のパルス出力でそれぞれ潮流補正・逆潮流を同時に出力することが可能です。

また、新機能としてUSBメモリでの設定機能と有機EL表示が追加されました。

お客様のお困りごと

発電施設にて、逆潮流化工事に伴い電力・無効電力・力率の潮流補正出力と、逆潮流時の送電電力量パルス出力が必要となりました。

逆潮流は通常のトランスデューサだと1S,1L,3S,3Lの極性を逆にして接続すれば可能ですが、電力・無効電力・力率のパルス出力も反転してしまうためできません。

また、受電電力量パルスは既存電力量計で出力していますが、コスト削減のため送電用の電力量計を新たに追加したくないとのことでした。

電力、無効電力、力率の潮流補正出力と、逆潮流時の送電電力量パルス出力を1台で出力させることは可能でしょうか。

弊社からの提案

2019年秋に新機能が追加された新型マルチトランスデューサ”TM2“を紹介しました。

こちらはパルス出力で受電プラス方向の電力・無効電力・力率の潮流補正と、
マイナス方向(送電)である電力量を出力する逆潮流補正を設定できます。

そのため1台でご希望されている両出力に対応可能です。

また、新機能として以下の2点が追加されました。

一つ目はUSBメモリでの設定機能です。

無料の専用ソフトを使いパラメータの設定と作成したデータの読み書きも可能です。
(エクセル活用)。

二つ目は有機EL表示です。

有機ELを搭載したことで文字が発光し暗い場所でも設定値・計測値を視認可能です。

計測現場と中央監視での計測値にズレがある場合、現場の計測値を瞬時に確認することが
可能となりました。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ
タグ
LoRa無線機(108)
電子式マルチメータ(41)
LoRa-無線伝送モード(30)
異常監視(29)
巡回検針効率化(29)
電力監視(23)
デマンド監視(19)
電力用トランスデューサ(17)
環境監視(17)
ユーティリティ設備監視(16)
温湿度監視(13)
稼働監視(13)
特殊仕様品(13)
電気代削減(11)
太陽光発電監視(8)
コスト低減(8)
空調制御(8)
漏電監視(7)
流量監視(6)
脱炭素対策(6)
点検効率化(5)
省力化(5)
タンク残量(4)
圧力監視(4)
水質監視(3)
LTE-M通信機器(3)
ハカルプラスクラウド(3)
故障表示器(3)
Modbus通信(3)
電圧電流記録計(3)
蓄電池監視(2)
スマート保全(2)
設定用PCソフト(2)
エネモニロガー(2)
温度調整器(2)
CC-Link通信(2)
直流計測(2)
工数削減(2)
CO2排出量監視(2)
PLC通信(2)
電力監視支援機器(1)
440V計測(1)
周波数表示(1)
風力発電監視(1)
高速応答形(1)
粉塵監視(1)
騒音監視(1)
逆潮流(1)
電子式デマンドメータ(1)
ダブルスロー基板(1)
警報設定器(1)
バーグラフメータ(1)
電子式受信指示計(1)
アナログ出力絶縁(1)
排ガス監視(1)
安全監視(1)
リモートアクセス(1)
信号変換器(1)
Huawei(1)
同期検定機(1)
水道使用量監視(1)
デマンドメータ代替品(1)
電子式デマンド電流メータ(1)
零相電圧(1)
自動力率調整器(1)
パルス出力(1)
スマート農業(1)
製品開発事例(1)
最近の記事
インフラ業界
特殊仕様品
No.202 【マルチメータ応用編】VCCI相当適合…
製造業界
LoRa-無線伝送モード
No.201 後付けで流量・圧力データを上位システム…