課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 配線が経年劣化で断線!工事不要!断線をLoRa無線で復旧!
NEW

No.103 配線が経年劣化で断線!工事不要!断線をLoRa無線で復旧!

配線が経年劣化で断線!工事不要!断線をLoRa無線で復旧!

 

【工場:生産・保全管理部門】

・配線が古く、経年劣化による断線で
困っているお客様

・既設配線が地下配線となっていて浸食による
断線が心配なお客様

・断線した配線の距離が長距離で再工事に
多額の費用がかかる

 

こんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

最近になって現場ポンプ制御盤から事務所の警報盤への異常が通知されないことが

しばしば。おかしいなと思い配線を確認すると…配線がどこかで断線していることが判明。

ポンプ盤の異常はほっておくと大きなトラブルに発展するのですぐに気づきたい。

今までは事務所で異常発生がわかっていたのですぐに対応できていた。

配線を張りなおすことを検討したがポンプ制御盤が地下ピットにあり

事務所まで遠いため配線ルートが難しく工事費用も多大となる…

また、地下ピットという位置と事務所までの距離が問題で無線機を使うことも断念していた。

接点1点の異常信号だけの為に大工事を行うことはナンセンス。

長距離無線で接点1点だけ無線化できる安価な無線機は無いものか……

弊社からの提案

LoRa無線機の接点無線伝送モードを提案

ポンプ制御盤の異常信号をLoRa無線機接点1点モデルへ入力

LoRa無線で事務所へ送信、事務所にも同じLoRa無線機接点1点モデルを設置し

出力接点を警報盤へ配線するだけ。

これにより、既設配線が断線していても現場ポンプ制御盤の異常発生が

事務所の警報盤で通知可能に。

無線中継器やルーフトップアンテナを使えば

地下ピットからの遠く離れた事務所までの通信も問題ありませんでした。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ