課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 空調省エネシステムで電気を見える化

No.1 空調省エネシステムで電気を見える化

空調省エネシステムで電気を見える化

老人ホーム
空調制御装置の導入により、32%の節電が実現しました。

空調制御装置の導入前は、電力会社との契約電力が416kWでしたが、子機を20台を導入し、室外機を制御したことにより契約電力を285kWに下げることができ32%の節電をしました。

導入費用(定価ベース):親機1台 子機20台 設定専用ソフト 合計100万円

 

機器製造工場
省エネシステムを導入し、18%の節電を実現しました。

空調制御装置の導入前は、電力会社との契約電力が367kWでしたが、子機を15台を導入し、室外機を制御したことにより契約電力を302kWに下げることができ、最終的に18%の節電が実現しました。

導入費用(定価ベース):親機1台 子機15台 設定専用ソフト 合計82.5万円

お客様のお困りごと

現在導入済みのデマンド監視装置を利用し、節電・省エネの仕組みを安価に構築できないかと相談いたしました。

弊社からの提案

空調装置の節電対策として以下を提案しました。
・空調室外機のデマンド制御機能を利用する (各空調メーカー様の省エネ運転)。
・空調室外機の配置は施設内に点在しているため、信号の伝達に当社実績のある電力線通信(PLC)を採用し、ケーブル配線工事を可能なかぎり削減する。
・自動制御装置には二つの制御方式で解決。
警報信号に応じて電流制御する
→デマンド警報制御
デマンド警報に関係無くどこかの空調機を順番に制御する
→間欠制御

 

お客様からは、

「ハカルプラス様の電力線搬送(PLC)通信の技術には信頼をおいています。
結果として良い製品になったため、1,000件のお客様に導入計画を予定していきます。
また、開発にあたり短期間で完成してもらえるので助かっています。
今後も開発製品があればよろしくお願いします。」

と感謝いただけました。

関連する製品

一覧へ戻る 次の記事へ