課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 計測した値が合わない!現地で設定などを確認する方法はないの?

No.22 計測した値が合わない!現地で設定などを確認する方法はないの?

計測した値が合わない!現地で設定などを確認する方法はないの?

キュービクルの入れ替えを行い試運転を行っている作業員の方から連絡があり、実際流れているであろう電流値・電力値が表示しているメータの数値と合わないと連絡があり、現地で行える確認方法を電話対応しました。

お客様のお困りごと

設置現場でキュービクルを入れ替えを行い、キュービクルに付いている電子式マルチメータの計測している電流値・電力値がおかしいと試運転中に気付きました。マルチメータが壊れているのではと考えましたが、現場でその確認方法がわからず困っていました。

弊社からの提案

電子式マルチメータには色々な設定があるので、まず設定がどの様にされているかの確認をしました。

設定は特に問題はないと判断し、続いて結線の状態を確認、こちらも問題がないとの事でしたが、マルチメータに標準搭載されている検相機能の画面を読み出して確認を行うと、間違いがみつかりました。

この検相機能を使用すれば、電圧の相順の確認やCTの方向が容易に確認出来る為、現場での確認に便利です。正しく繋ぎ直して頂いた所、計測値も正常と思われる値となりました。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ