課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > 動力・制御盤内だけで完結の簡単後付け稼動監視

No.21 動力・制御盤内だけで完結の簡単後付け稼動監視

動力・制御盤内だけで完結の簡単後付け稼動監視

複数の機械設備の遠隔稼動監視をやりたい・・・稼働時間も取ってみて稼働率を見える化したい。でも・・・PLCソフトを改造するのは手間だし・・・制御盤の図面を見て、接点出力する機器を選定するのも面倒だ。
配線工事も考えるとコストは増すばかり・・・

簡単に機械動力の稼動監視を後付けでできるシステムはないかなぁ。

そんなお客様におすすめです!

お客様のお困りごと

複数の機械設備の運転信号を取って、遠く離れた事務所で稼動状態をモニタリングできれば・・・
稼働時間もわかれば稼働率の計算もできる・・・生産性の見える化にはピッタリだ!

でも、機械設備の運転信号なんてどうやって取ればいいかわからないし・・・
PLCのソフトを改造すればできるんだろうけど・・・ソフトなんて触ったことないし・・・
このために外注を使うのも煩わしい。
また、現場から事務所までの配線工事を考えると、かかるコストも増える一方。

簡単に後付けで機械設備の遠隔稼動監視ができるシステムは無いものか・・・

弊社からの提案

U_RD製のクランプ式通電検知モジュールとハカルプラス製LoRa無線機の組合せで提案しました。
クランプ式通電検知モジュール最大の特徴は、監視したい機械設備の動力回路にクランプするだけで運転中信号が接点出力される点。
この運転中接点信号をLoRa無線機に入力し遠く離れた事務所のIoTゲートウエイへLoRa無線で送信します。
IoTゲートウエイにPCを接続するだけで稼動状態・稼動回数・稼動時間などをモニタリングできます。
LoRa無線を使えば制御盤内からアンテナ外出しせず、見通し1.5km無線通信が可能。よって動力・制御盤内で 全てが完結でき、しかも後付け。
よって、導入費用は配線工事不要でイニシャルの機器代のみ。簡単に遠隔稼動監視が可能です。
接点をLoRa無線で送信するタイプは1点、2点、4点のラインナップを揃え、監視したい点数により最適な点数をお選びいただけます。
稼動監視だけでなくアナログ信号を出力できるタイプのクランプCT(RMSシリーズ)もラインナップとしてある為、電流監視も簡単に導入できます。

関連する製品

関連するLoRa無線機推奨機器

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ