課題解決事例

HOME > 課題解決事例 > LoRa無線で空調自動制御を実現!年間最大100万円の電気代…

No.13 LoRa無線で空調自動制御を実現!年間最大100万円の電気代を削減!

LoRa無線で空調自動制御を実現!年間最大100万円の電気代を削減!

工場・ビル管理のお客様におすすめです

①空調機にかかる電気料金を低減させたいお客様
②デマンドコントロールを手動で行っているお客様
③ユーザーに省エネ提案されているお客様
④デマンド監視装置を導入したいけど、工事費がネックになっているお客様

こんなお客様にピッタリな導入事例です

お客様のお困りごと

「デマンド監視装置で、電気の使いすぎをチェックしています!」と、胸を張る総務のAさん。同社はいち早くデマンド監視装置を導入し、節電に取り組んできた。しかし、Aさんは最近1つの悩みがあるという。「電気を使いすぎているときに、一斉放送で社員に節電を呼びかけるのですが、状況によって、節電できないことも。結局デマンド値が契約を超えてしまって電気代の基本料金が跳ね上がってしまったこともあったんです」と、Aさんは声を落とした。

そんなAさんの課題を解決するべく、私たちは「導入コストを抑えた空調自動制御システム」を提案しました。

弊社からの提案

・導入費用を抑えるために、「既設のデマンド監視装置の活用」「配線工事費の低減」をコンセプトに提案。

・複数のトランスをまたぐため「電力線搬送通信」ではなく「LoRa無線」を活用したシステムにしました。

・空調制御は、デマンド監視装置の警報と連動するように設定し、15台の室外機を制御しました。

関連する製品

前の記事へ
一覧へ戻る 次の記事へ