自動力率調整器

HOME > 製品紹介 > 自動力率調整器 3回路タイプ XPFC-144-3

自動力率調整器 3回路タイプ XPFC-144-3

自動力率調整器 3回路タイプ XPFC-144-3

ダウンロード

カタログ 仕様書
通信仕様書
取扱説明書
CAD図
ソフトウェア

製品説明

電力用コンデンサの投入量を自動的に制御する自動力率調整器です。

自動力率調整器を使用することで、
①電気料金が力率割引により、低減できます。
②力率が改善されると線路電流が減少し、電線・変圧器の抵抗の損失を低減できます。
③自動的に力率を調整するため、調整にようする人手を省けます。
④夜間の力率の進みすぎを防止し、夜間の電圧上昇を防止します。

特長

  • 電流、電圧、電力、無効電力を計測します。また無効電力の計測値より、力率改善コンデンサを入り切りして力率を適正値に調整します。
  • 外部強制遮断入力により強制的にコンデンサ制御を OFF することができます。※コンデンサ制御自動設定時のみ
  • 3回路用です。
  • 動作アンサー機能でコンデンサの動作を確認することができます。
  • 高調波電流を計測する機能を有し、設定によりコンデンサに高調波が流入するとコンデンサを遮断し、コンデンサを高調波から守ります。
  • 進相用コンデンサ開閉器の取替え時期の目安となる開閉回数をカウントし、回数を表示します。
  • 進相用コンデンサ開閉器接点を取り込み、接点ONで表示します。

ダウンロード

製品紹介一覧
生産終了品