故障表示器

HOME > 製品紹介 > 故障表示器 パネル点灯タイプ XT-110

故障表示器 パネル点灯タイプ XT-110

ダウンロード

カタログ 仕様書
通信仕様書
取扱説明書
CAD図
ソフトウェア

製品説明

故障信号を入力することにより、故障項目の表示部のLEDランプ及びバックライトを点灯又は点滅します。

このLEDランプとバックライトにより、表示内容を鮮明に認識することができます。

故障信号の入力と同時に、該当の接点信号を端子台に出力します。

特長

  • 出力の種類は3種類あります。
    1.個別出力 故障信号を入力した場合、その故障項目に対応する個別出力の接点信号を出力します。
    2.重故障出力 重故障に設定した故障項目のいずれかに故障信号を入力した場合、重故障出力の接点信号を出力します。故障設定モードで任意の故障項目を重故障に設定することができます。軽故障との重複設定はできません。
    3.軽故障出力 軽故障に設定した故障項目のいずれかに故障信号を入力した場合、軽故障出力の接点信号を出力します。故障設定モードで任意の故障項目を軽故障に設定することができます。重故障との重複設定はできません。
  • 動作モードは、ノンロックインモード(自動復帰型)とロックインモード(手動復帰型)があります。

ダウンロード

製品紹介一覧
生産終了品